最近ちょこっとだけluaに触る機会を作ってみたので触れてみました。基本的にはCで実装されているんだけれども使い心地はVBに近いようなCに近いようなその中間のような感じです。しばらくこれに触っていたせいでCで書く時に忘れてしまったり、luaで書く時にif文の書き方を間違えてしまったりとちょっとごちゃ混ぜになってしまいました。多言語を同時に扱っている人はこんなのは慣れ親しんだものなんでしょうかね?アセンブラとCとか完全に違うものだといいのですけれどif文とかは言語によって書き方がまちまちだったりで大変です。

Programming in Lua プログラミング言語Lua公式解説書
Roberto Ierusalimschy
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 71926